2018年12月10日

立ちの強さについて思う。ドミトリー オルガの動画から。


一昨日に上海で行われたWDSFのグランドスラム ファイナルの動画をアップしました。
このページで踊っているのは、アマチュアチャンピオンのドミトリーザルコフ オルガクリコバ組
ファビオセルミ氏の弟子として有名ですね。

最近、特に思うこととして、立ちの強さ。
ラテン スタンダード共に、トップ選手で見るとですが、海外選手のほうが立ちが強いように思います。
骨格や体格といったような話しをさせることも多いですが、日本には、
空手や柔道、相撲といった、立ちが強さが重要なものがたくさんあります。弁慶さんなんて死んでも立っていたくらいですし。
踊りの分野でも、アイススケートの頂点に立っているのは、日本人。

色んな先生や、トレーナーさん、ビデオを通して、研究中です。

イギリスが強かった時代から、日本、イタリア、ロシア、アメリカ、ウクライナなどの東欧、中国と、社交ダンスの勢力図は、変わってきています。
WDSFのラテンでは、東南アジア諸国の台頭も目立つと聞きます。
また日本が強くなる時代が来ることを願い、そこに少しでも何か貢献できればと思います。

とりあえず、この社交ダンス動画まとめサイトを見ることで、勉強に役立てて見て下さい。
笑(^_^)/~

posted by ken at 23:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | 社交ダンスの動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



スパイキーここで買えます。
250gの大きいのと190gの小さいのと2種類あります。私はいつも大きいのを買っています。