2018年12月27日

Apple Watch活用法 ダンサー目線で3ヶ月使い倒した感想

Apple Watch series4、2018年9月の発売日に買ってから、3ヶ月毎日使っていますが、便利なところをご紹介したいと思います。

EC414A07-D9B3-402F-97AE-1828EB3B6EE4.jpg


使用頻度順に、
●音楽再生
62E97C39-BE27-42E2-9414-BF86073E75EE.jpg
 デモや、練習したい曲をApple Watchに入れておけば、イヤホンやBluetoothスピーカーなどから、手元で音を出したり。頭出しができます。
※曲単位で移動は出来ますが、巻き戻し、早送りは出来ない。

iPhoneやオーディオのところまで行かなくていいのは、GOODです。
AirPodsを使えば、男女片耳ずつ付けて、紐もないので、自由に動き回れます。
かなり広いフロアでも、殆ど途切れないです。



●レッスンの予約スケジュール管理
 Apple Watchは、iPhoneのカレンダーを参照することができます。
(Siriを使えば、登録もできます。)
自分は、お客さんのレッスン予約管理をGoogleカレンダーで行なっているので、GoogleカレンダーとiPhoneのカレンダーを同期してます。
予約の入力は、iPhoneかiPadでしてます。



●Suica
4842F8E2-206C-4816-ACB9-FFF139556996.jpeg
 これは、ダンサーに関わらず、皆んなに便利だと思いますが、本当に便利です。
 Apple Watchには、複数のクレジットカード、ポイントカードを入れることが出来ますが、標準に設定したものは、操作なくApple Watchをかざすだけで使えます。
 セキュリティ面ですが、Apple Watchを外すと直ぐにパスコードのロックがかかり、次につけてもパスコードを求められます。
 まあ腕時計を落としてしまうことは、ないと思うので、大丈夫と思いますが。。



●LINE Wechat
メッセージの閲覧はもちろん。今まで受信したことのある人に対して、返信も出来ます。
返信時には、登録した定型文か、Siriでのテキスト入力、ボイスメッセージでの送信ができます。
Siriでのテキスト入力は、驚くほど正確で、完全に実用レベルです。
着信に対しては、Apple Watchだけで、音声通話もできます。



●写真の閲覧
 Apple Watchには、iPhoneの特定のアルバムを指定して同期する機能があります。
画面は小さいですが、拡大もできるので、タイムテーブルや、順番表、台本などのチェックもできます。
 試合やイベントの進行を、時間を見ながら、腕時計だけで確認できるのはホントに便利。
自分はステップ表も入れてます。ギリギリ見えるサイズです。



●電車の時間確認
 色々使って行き着いた「駅すぱあと」を使っています。
 無料で、Apple Watchで時間の確認、前後への時間調整などできます。
 新規検索はiPhoneで行い、最後に表示した経路検索結果をApple Watch上に表示できます。
 電車の発車時間、乗り換えまでの時間をカウントダウンしたり、現在地(駅)表示してくれるのは、地味に便利です。



●アクティビティ
AD864BE9-A546-4CB8-8836-4DF865918CD4.jpg
 これは予想外でしたが、意外と励みになります。
 こういうアプリは使ったことがないので、腕時計が勝手に全自動で計測、報告、激励までしてくれます。
 立っている時間、運動している時間、動いている時間別に、「今日は頑張りましたね」とか、「あと5分運動すれば、目標達成です」とか、「昨日は、運動不足だったので、今日は頑張りましょう」「先週の木曜日は、凄かったですね」とか言ってくれます。
なかなかのバリエーション、短期、長期の目線で見てくれます。



●心拍計
2B718C11-AD28-49C7-AA33-5F6204678D0D.png
これも全自動で測ってくれています。
報告はありませんが、アプリをチェックすると、一日中心拍の推移をチェックできます。
 走り込んだり、クイックステップを踊り続けると心拍が上がるのが分かります。
 またワークアウトモードで上がった心拍がどれくらいで戻るのかのチェックも出来ます。
A5EE654D-909A-47EC-8570-F97E32BE4966.png


●深呼吸アプリ
これも使うつもりはなかったですが、同じ作業を続けていたり、忙しくしていて立ち止まったときなど、深呼吸を促してくれます。
Apple Watchの画面に表示される綺麗な模様の動きと、リズミカルな振動に合わせて、1分程度の深呼吸をするだけで、かなり気持ちがリセットされます。


●Shazam
C8373BCA-9975-42EC-BA81-D54CBCDE0346.png
流れている音楽の曲名を調べてくれるアプリとして有名ですが、これがApple Watchで出来るというのは、なかなか便利です。
街でもどこでも、良い曲だなと思ったら、iPhoneを出さずとも、曲名を調べられます。
そのままApple Musicで表示して、プレイリストに登録もできます。



●搭乗券
アップルウォレットに登録された搭乗券は、Apple Watchにもすぐに同期されます。
空港のほぼ全てのシーンで、バーコードを表示させて、紙の搭乗券なしで動けます。



●iPhoneを探す。
「iPhoneを探すアプリ」iPhone、iPadを使っている人なら、あれ携帯どこいっちゃったんどろうとか、iPadどこに置いたかなと探すことが出来る便利アプリとして、使ったことがあると思います。
 これがApple Watchに搭載されているだけでなく、画面下からスワイプして、iPhoneマークを押すだけで、すぐにiPhoneからいつもの音が出ます。
すぐというのが良いです。WiFiや、携帯ネットワーク経由でなく、Bluetooth経由なので、ホントにすぐなってくれます。
もう「鞄にiPhone入れたかな?」、Apple Watchでちょいちょい、「ピーン」「OK」という流れです。
それと、Apple Watchから鳴らすと、ワンタップで、音一回です。これも良いです。iPadとかからだと、ずっとなり続けるので、焦ります。



他にも、録音やTimeTreeでの予定確認、天気の確認など、沢山便利な機能があります。
2019年には、家の鍵もApple Watchで開け閉めと確認が出来るようになっちゃいます。


気になる電池の持ちですが、
朝から夜まで使って半分位残る感じなので、毎晩寝る前に充電してます。
大きな不満ではないですが、専用の無線充電ケーブルなのがちょっと不便です。

取り敢えず、メチャクチャおすすめです。
他の時計をする機会がなくなってしまうのが残念といえば残念ですが、、
7A7E8829-CC20-4CA8-BF13-4ECFBFCF0148.jpg



posted by ken at 15:27 | 東京 ☀ | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



スパイキーここで買えます。
250gの大きいのと190gの小さいのと2種類あります。私はいつも大きいのを買っています。